2015年01月05日

正月早々 Sons of Anarchy

反社会的な存在は身近にいられると困りもんだが、安全な日常に飽き飽きした時にはアウトローな人々に憧れの念を抱くもの。だからフィクションの世界では犯罪や犯罪者をテーマにした作品がたくさん作られている。だがテレビドラマの世界では、腐敗した警官を描くことはあってもストレートに犯罪者を主人公にすることは避けられてきたと思う。たぶんスポンサーがつきにくかったんじゃないだろうか。

だから刑務所を舞台に凶悪犯罪者たちを描いた「OZ/オズ」やマフィアのファミリーを主人公にした「ザ・ソプラノズ」はケーブル局のHBOでしか作れなかった。が、良質なドラマであればたとえ犯罪者が主人公であっても社会的に受け入れられるとわかったのか、「犯罪者」を主人公にすることがタブーではなくなってきたようだ。

たぶんその最左翼だか最右翼だかが、昨年のエミー賞を総なめにした「ブレイキング・バッド」だろう。覚せい剤製造業に転職した化学の先生が主人公なんだから、反社会的なんてもんじゃない。政界の悪党を描いた「ハウス・オブ・カード」や禁酒法時代の顔役を描いた「ボードウォーク・エンパイア」も高い評価を受けているし、グルメな悪党ハンニバルは相変わらず人気がある。法の側に立つ人間が連続殺人鬼というかなり物議をかもす設定だった「デクスター」もヒットした。

これらのドラマは突出した悪人を主人公にしているが、「サン・オブ・アナーキー」は犯罪者集団のすったもんだを描いた、バイカー版「ソプラノズ」。
続きを見る

posted by bluegene at 00:20| Comment(3) | 海外ドラマ

2014年12月31日

2014年に見た映画

えー1年の締めくくりに、今年見た映画をまとめてみました。全5960本、リピートや舞台のスクリーニングも含んでますん。一番短い2月に10本も見てる…(@_@;)
※インターステラーの一回目が抜けてたので修正。
1月
リチャード2世 シネマ・シェイクスピア
アメリカン・ハッスル
2月
マイティ・ソー/ダーク・ワールド
ラッシュ/プライドと友情
リチャード2世 シネマ・シェイクスピア
リチャード2世 シネマ・シェイクスピア
LIFE!(試写)
ナショナル・シアター・ライブ 「フランケンシュタイン」
エヴァの告白
ナショナル・シアター・ライブ 「フランケンシュタイン」
ホビット 竜に奪われた王国 (IMAX)
スノーピアサー
3月
ボルサリーノ
ダラス・バイヤーズ・クラブ
それでも夜は明ける
ワンチャンス(試写)
LEGO ムービー
ウォルト・ディズニーの約束
4月
ドストエフスキーと愛に生きる
アナと雪の女王
鑑定士と顔のない依頼人
キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー
8月の家族たち
5月
さよなら、アドルフ
あなたを抱きしめる日まで
6月
X-MEN:フューチャー&パスト
ハンナ・アーレント
グランド・ブタペスト・ホテル
ポンペイ
ゴジラ デジタルリマスタ(初代ゴジラのリマスター版)
ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う
サード・パーソン
7月
トランセンデンス
チョコレートドーナツ
マレフィセント
8月
GODZILLA ゴジラ(3D 吹替え版)
グレート・ビューティー
トランスフォーマー ロストエイジ
GODZILLA ゴジラ
9月
猿の惑星:新世紀
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
GODZILLA ゴジラ
ゴーストバスターズ
ジャージー・ボーイズ
10月
悪童日記
グレース・オブ・モナコ
荒野はつらいよ
11月
誰よりも狙われた男
ドラキュラZERO
美女と野獣
パシフィック・リム(4DX)
デビルズ・ノット
天才スピヴェット
インターステラー
12月
ビリー・エリオット
ホビット(全3部オールナイト上映)
インターステラー(IMAX)
スティング
ゴーン・ガール
ガガーリン 世界を変えた108分
posted by bluegene at 17:34| Comment(2) | 映画

2014年12月15日

『ホビット』三部作

金曜のことですが。行ってきました、『ホビット』三部作オールナイト上映。

やー眠くなるかと思ったけどそんなことはまったくなく。夜7時から夜中の3時半まで、20分の休憩を2回はさんで約8時間、あっという間だった。

でまあ、ついに終わったという記念に、『ロード・オブ・ザ・リング』も含めてちょっと思ったことをつらつらと書いてみたよ。まだ見てない人もいると思うので、以下ネタバレあるからご注意。


続きを読む(ネタバレあり)

posted by bluegene at 01:01| Comment(3) | 映画