2012年06月18日

チューナー換えました

レコーダーのBDドライブが故障したのをきっかけに、CATVのセットトップボックスをBDレコーダー一体型のものに交換した。

レコーダー自体は延長保証に入っていたので修理の自己負担はなかったが、保証条件で修理できるのは一回限りだったこと、購入してからもうすぐ丸4年で寿命が近づいていることを考えると、そろそろ買い換え時期だったからだ。

ところで、スカパーHDやCATVのように専用のチューナーを設置する場合、レコーダーはそのチューナーと接続する。一般に使われているS端子やピンケーブルでつなぐとデジタル録画できないので、うちの場合はiLink (FireWireともいう)で接続していた。実はこのiLinkが曲者で制約が多いんである。一番困ったのが再生中に録画予約が実行されないこと。録画中に再生できないわけではないので、予約時間になって録画が始まってから再生するのは問題ないのだが、予約したのを忘れてうっかり録画した番組を見ていると予約がキャンセルされているのだった(涙)予約録画が終わると再生中でも電源が切れる、ということもあったが、まあこれは録画予約がキャンセルされることに比べれば些細なことだと思う。

レコーダーの修理をしてもらったときにメーカーの人に聞いてみたところ、iLinkの制約は新しいレコーダーでも変わらないという。それならレコーダーを買い換えるよりCATV会社からレコーダー一体型のチューナーをレンタルしたほうが使い勝手もよくなると思い、早速機器変更を申し込んだ。

その新しい機器が土曜日に届いたので、機器の下にたまっていたホコリを掃除しつつ設置作業を行った。よくAV機器の接続ができないという人がいるが(なぜか女性に多い)、デジタル化されてケーブルが減ったのできわめて簡単である。電源ケーブル、CATVのケーブル、テレビのアンテナへのケーブル、テレビのHDMI端子へのケーブル、この4本だけだ。あとは短縮チャンネルの設定をして終わり。

内蔵HDDは前の機種と同じ500GBである。私はHDDに溜め込む習癖がないのでこのサイズでとくに困ったことはない。溜め込んでてHDD壊れたら目も当てられないし。なによりもありがたいのがダブル・チューナー。たぶん普通に地デジやe2スカパーを見ている人には珍しくない機能だろうが、それ以外の手段で受信している場合はダブル・チューナーは貴重なのだ。これで、再放送がないWOWOWやNHKの番組を録画するためにほかの番組の予約をあっちこっち動かさなくてもよくなる(嬉) それからもちろん、再生中に予約時間がくればちゃんと録画が始まる(笑)

唯一の心配は、ダビングしかけてたBDディスクが新しいレコーダーで認識できるかって点だったが、特に問題なく番組も見られるし追加のダビングもできている。あれ?ファイナライズしないとほかの機器では見られないんじゃなかったの?と思ったが、BDにはファイナライズという概念はなく、単にこれ以上編集や追加をしないという処理(クロージング)をするだけだそうだ。古いレコーダーじゃないと認識できない場合はiLinkでつないでムーブするつもりだったので、レコーダー同士の接続もできるようにしたけど、いらなかった。

というわけで大変快適になった。とにかく1台だけですむのがうれしい。以前はLDプレイヤーやらビデオデッキ2台にDVDレコーダーと、テレビを選ぶ基準が入力端子の多さだったこともあるのだが、今やこのレコーダーとリージョンフリー再生機だけである。テレビと同じメーカーなのでテレビとチューナーの電源を連動させられるし、CATVのリモコンでテレビのコントロールもすべてできる。あ〜ラクだ〜〜。
posted by bluegene at 21:00| Comment(2) | 日記

2012年06月04日

『ザ・マペッツ』のパンフレット

マペットとはジム・ヘンソンが結成した操り人形のグループ。日本でも『セサミ・ストリート』に出ていたのである年齢以上の人にはなじみがあると思う。

日本では『セサミ・ストリート』の放送がなくなって以来見かけることがなくなっていたが、ディズニー出資のDlifeでトレイラーを放送していて(ほかに「ジョン・カーター」もやってた)、懐かしくなって見に行くことにした。あと、(人間の)主演がジェイソン・シーゲルとエイミー・アダムズというのも気になったので。

上映館が少ないうえに1日一回の上映と打ち切り間近な感じ濃厚だったので、映画の日に半休をとってお台場まで行ってきた。期待を裏切らず、王道パターンながらハチャメチャに面白くて大笑いできた。ゲストにもなかなか大物が出ていたので珍しくパンフレットを買ってみたのだが、肝心の情報がイマイチだったのでがっかりしてしまった。

簡単に説明すると、この映画の舞台は人間とマペットが共存する世界。主人公はマペットのウォルターで、彼の親友(人間)のゲイリーをジェイソン・シーゲルが演じている。ゲイリーのGFメアリーがエイミー・アダムズ。ウォルターが取り壊しの危機にあるマペット劇場を助けるためにカエルのカーミットやほかのマペットたちと協力するというストーリーで、人間の二人はあくまで脇役である。なんたってタイトルも『ザ・マペッツ』ですし。

とはいっても比重が高いのはウォルターの親友のゲイリーのほうなんだが、パンフレットではジェイソン・シーゲルよりエイミー・アダムズのほうが扱いが大きい。同じディズニー映画の『魔法にかけられて』の主人公だったから、日本ではたしかに彼女のほうが知名度たかいのかも。が、それでもジェイソン・シーゲルのプロフィールに、今現在出演中の人気ドラマ"How I met your mother"が載ってないってのはどうなの。そこんとこ抜けてると、ゲストのニール・パトリック・ハリス(HIMYMで共演してる)の面白みがわからんじゃーん。

それよりも何よりも、ウォルターの空想の中の「人間ウォルター」を演じたジム・パーソンズがパンフレットに出てなかったのだ。えええ。マジですか。エミー賞のコメディ部門主演男優賞の二年連続受賞者ですけど。『ビッグバン・セオリー』は視聴率ナンバー5に入る超人気シットコムですけど。いまブロードウェイでリバイバルの『ハーヴェイ』でも主演してますけど。

うーん。たぶん執筆者は映画一辺倒の人なんだろうな。ドラマの情報を知らないのか、あるいは作品として認めないということなのか、これだけ旬な俳優を載せてないというのにビックリしますた。
posted by bluegene at 21:00| Comment(0) | 日記

2012年02月09日

ブログ移転しました

ブログ移転しました。
黒地を使ってみたんだけど、読みにくいので変更〜。
posted by bluegene at 00:24| Comment(0) | 日記