2014年02月07日

リチャードII

なんかひさしぶりにブログに投稿するよ…

デヴィッド・テナント主演のリチャード二世、正月早々ロンドンのバービカン劇場で観劇し、ストラトフォード・アポン・エイボンの劇場中継も二回見てまいりました。

原作を読んでいたときには、リチャード二世は現代人の価値観では理解しにくく共感もできないキャラクターで、なんかやなヤツだなあと思っていたのに、実際に舞台の上で演じられるとその印象がまったく変わってしまった。なんていうか、"I am the ghost of Troubled Richard" といってリチャードの霊が目の前で語り始めたような。廃位を迫られ悲嘆にくれるさまは悲哀が姿をとって舞台に立ちつくしているようで、私のボキャブラリーではまったく表現不可能ですが、ひとことでいうと心を動かされますた(´;ω;`)ウッ…

リチャード二世は14世紀後半のイングランド王で、10歳で戴冠して33歳で廃位させられている。時は100年戦争の真っ最中、親仏的だったリチャードは主戦派と対立しており、ジョン・オブ・ゴーントや追放された息子のボリングブルックは対立派に所属してたんですな。

この時代のことだから当然かもしれないが、王は自分を神から権利を授かった神聖な存在だとマジで信じてたようで、鼻持ちならないほど横柄でナルってます。テナントのリチャードはまずこの浮世離れした感じをたいへんよく表現していた。で、アイルランド遠征から戻ってボリングブルックが反旗を翻したと知ったとき、自分もただの人間なのだと気づいて、ここらへんから急速に人間臭くなるのね。

そのクライマックスがボリングブルック(のちのヘンリー4世)に退位を迫られたときのオペラのアリアのような長セリフで、ここはぜひ原文にあたっておいてほしいシーンですな。そして「私には名もない、称号もない」て続くにおよんで誰もが紅涙を絞るでありましょう( TДT)

このRSCの演出ではヨーク公の息子オーマールとリチャードの関係が重要な鍵となってるが、戯曲を読んでいたときはそんなに目立ったキャラではなく、どちらかというとヨーク公のつらさ(「すまじきものは宮仕え」的な)を強調するためにこしらえられた人物に見えた。でもこの演出では、ブッシーやグリーンといった寵臣を失ったリチャードに同情して彼に寄り添う人物に描かれている。だからこそ新王への忠誠を見せるために彼がリチャードを暗殺することがリチャードの悲劇性を強めるのだが、欲を言えばオーマールの心変わりの理由がもうひとひねりほしかったような。

この劇場中継、3回予定されていて、2月9日に3回目が上映されるので、近場で上映する劇場がある方はぜひ見ておいてほしい。シェイクスピア劇の神髄を見られますよ。
posted by bluegene at 00:50| Comment(1) | 日記

2013年06月15日

涼しそうなデザインに変えてみた〜。

クラゲですよ。Jellyfish。海月。
ゼリーな魚より海の月のほうがロマンチックだな〜。

ついでに自分で撮影したクラゲも載せていこう。
IMG_1006.JPG
posted by bluegene at 14:50| Comment(0) | 日記

2012年07月05日

"Illegal to be you"

ジョン・バロウマンによる、Kaleidoscope Trustのキャンペーン "Illegal to be you" に寄せたメッセージの日本語訳。

元記事はこちら
What if It Was Illegal for You to Be You?

ある朝目が覚めると自分自身であることが違法になっていたーそんなことを想像することができますか?あなたが青い目なことが、あるいは背が低いことが、あるいは左利きなことが、犯罪として投獄されるかもしれないと?

もしそれが難しいとしたら、きょうインターネットに公開されたこの短いビデオを見てください。ここで殴られようとしている男性はあなたかも知れない。あるいは罵倒されている女性はあなたかも知れない。



この映像は僕に深い衝撃を与えました。僕のようにゲイに生まれついた数百万の人間にとって、これはグロテスクなカフカ風のホラーではなく、毎日の現実の生活だからです。

僕が演じるもっとも有名なキャラクター、「トーチウッド」のキャプテン・ジャックは人間性を脅かすあらゆる脅威と戦うことに人生をささげています。もちろんそれは空想の話ですが、これは現実です。人々が殺され、さらに多くの人々が日常的に恐怖にさらされている。そしてその脅威をもたらしているのは空想上のエイリアンよりもはるかに戦うのが難しい相手ー偏見と憎悪と無知から来るホモフォビアです。

このビデオはカレイドスコープ・トラストという、LGBTの権利を推進する新しい国際団体によって公開されました。いまだにゲイであることを犯罪行為とする国がいくつあるか彼らに教えられたとき、僕にはその数が信じられませんでした。78の国家が同性愛を有罪とし、そのうち5つの国では最高刑は死刑です。

われわれが結婚も含めた法の下の完全な平等を求めるとき、殴られたり逮捕されたり殺されたりしない権利が大きな前進であるゲイの男性や女性が文字通り数百万人もいるということを忘れてはなりません。

そして世界の状況は徐々によくなるなどとも考えないように。そうならばよかったのですが。

ナイジェリアの婚姻を「守る」ための新しい法律では、ゲイ団体が禁じられただけではなく、LGBTの権利を謳うキャンペーンも懲役5年の刑になります。この国のイスラム法が適用される地域では同性愛に対する刑罰は投石による死刑です。

ウガンダの悪名高い「ゲイは殺せ」法案は国際的な圧力のために修正され、死刑は撤廃されました。しかし警察に同性愛者を通報しないことはいまだに犯罪ですし、同性愛者への刑罰は終身刑です。

今週はウクライナで同性愛の「宣伝」が違法となる法案が可決されようとしています。地元の運動家は、公の場でゲイという言葉を口にすることさえ違法になりうると考えています。ウクライナは旧ソ連圏で最初にゲイを合法化した国でした。いま彼らは、ゲイの人々を再び刑務所に送り込もうとしています。

今週、数百万人の人々がロンドンに集まって「ワールド・プライド」を祝うでしょう。たくさんのパーティやお楽しみがある。しかし今やプライドは重いメッセージも担っています。それは単純なものです。LGBTの権利は人間の権利であり、人間の権利はLGBTの権利である。ヒラリー・クリントンは昨年の国連での勇敢で感動的なスピーチでそう語りました。明日、彼女はプライド・ロンドンとカレイドスコープから特別な賞を授与されます。しかし、今日という日−アメリカ合衆国の独立記念日−は、自由は与えられるものではないと思い起こすのにふさわしい日です。それは戦って勝ちとるものです。そしていったん勝ちとったあとはあらゆる犠牲を払って守らねばなりません。

自分が思うことを話し、自分自身である自由は基本的な権利です。基本的な人権を否定されて苦しんでいる人間がいる限り、われわれには声をあげる義務があります。

僕が毎夜ステージにあがり、思いを託して歌うことを誰も止められません。しかしもし、歌うことが違法になったら?あなたにとってあまりにも基本的で、やめたくてもやめられないことを考えてみてください。そして−それがなんであれ−それをすると犯罪者になってしまうと想像してください。

みなさんがこのビデオを見て、友達にも教えてくれることを僕は期待しています。そしてゲイにもストレートにもそれ以外の誰にとってもシンプルなメッセージを伝えるこのキャンペーンに参加してください。自分自身であることが違法であってはならないのです。
posted by bluegene at 16:57| Comment(5) | 日記