2014年10月25日

NYCC2014 準備〜の、前に

いきなり準備の話とか始めたけど、そもそもNYCCて何があるの?て人のために基本的な情報を。

NYCCが開かれるのはマンハッタンのミッドタウン西端にあるジャービッツ・センターというコンベンションホールです。展示会場の床面積を見ると幕張メッセと同規模のようですね。サブカルチャー、ポップカルチャー全般にわたるイベントで、今年は4日間で延べ15万人が参加しました。

こうしたマルチコンはサンディエゴのコミコンが有名ですね。単にコミコンといえばSDCCを指します。あれが元祖です。SDCCを主催するコミコン・インターナショナルは非営利団体ですが、NYCCはリードポップという企業が主催する、営利目的のイベントです。

NYCCのコンテンツは4つに分けられます。
1. アーティスト・アレイ
アメコミのアーティストと交流できる場。原画やプリント、画集の販売のほか、リクエストに応じて絵を描いてもらえることも。といっても、私はこちらには行ったことがないので詳しくはわかりません(^^;

2. ショーフロア
これが主な目的という人も多いと思われ。マーベル、レゴのようなメジャーな企業から、Tシャツの店、ポスターの店、フィギュアなどのコレクターグッズの店、コスプレ用の小道具を売ってる店まで、数百の業者が出展します。日本の企業も出展しています。

3. オートグラフ/フォトオプ
主にSciFi系ドラマに出演する俳優のサインをもらったり、プロにツーショット写真を撮ってもらえます。基本的には有料で、サインで30ドル〜80ドルくらい、フォトオプも50ドル〜100ドルくらい(ゲストによってお値段が違います)。同じドラマの俳優が複数いる場合はグループ・フォトも設定されることがあります。こちらは当然もっといいお値段になります。

4. パネル
クリエータのハウツーセッションや、新作映画、ドラマのプレミア上映会、俳優を招いたQA会、サブカルチャーについてのパネルディスカッション、実際に作ってみようという実践講座など、規模も内容もさまざま。

番外:ニューヨーク・スーパー・ウィーク
今年は初めての試みとして、NYCCが開かれる週をスーパー・ウィークと銘打ち、別会場(92丁目にあるコミュニティ・センターと34丁目にあるハマースミス・ボールルーム)でも連携したイベントを行いました。アメコミの原作者の朗読会とか(USでは著者による自作の朗読会がよく行われます)、ゲスト俳優によるDJライブ、スタートレック:TNGの主要キャストによるパネルなど。こちらはNYCCのチケットとは別の販売(もしくはフリー)でした。

コンベンション名物、参加者のコスプレも楽しみのひとつです。土曜の夜にはコスプレ・コンテストがあり、余興としてシルク・ド・ソレイユのショーも行われました。

ひとことで言うとオタクな老若男女が集まるものすごく大規模なお祭りで、オタクな人はここに足を踏み入れた瞬間、故郷に帰ったような心地がすることでしょう。
posted by bluegene at 17:56| Comment(0) | NYCC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。