2014年11月30日

The Normal Heart

HBOが制作したテレビムービーで、USで放送されたときから大きな話題になっていたので、スターチャンネルでの放送が決まって楽しみにしていた。

あらすじ:
舞台は1980年代はじめのニューヨーク。ゲイの男性のあいだで特殊な伝染病が広がり、「ゲイ・キャンサー」と呼ばれるようになっていた。自身もゲイである作家のネッドはその感染症について取材にいき、医師のエマにそれが免疫系を破壊して死に至る病気だと教えられる。友人たちが病に倒れていく中、ゲイに対する偏見から行政が手をこまねいていることに業を煮やしたネッドは、仲間たちと自助団体を結成する。だがコミュニティの外からは支援の手がなかなか差し伸べられず、強硬路線に突っ走るネッドと仲間たちの間の亀裂は広がるばかり。そして運動を通じて知り合った恋人、フェリックスも発病してしまう…

ネッドにマーク・ラファロ、AIDSの研究に打ち込む臨床医エマにジュリア・ロバーツ、ネッドの兄にアルフレッド・モリーナ、ネッドの恋人フェリックスにマット・ボマー、他にもテイラー・キッチュやジム・パーソンズ等、映画・テレビで馴染みのある俳優がずらりと顔をそろえている。監督はゲイであることを公にしているライアン・マーフィー。
続きを読む
posted by bluegene at 20:04| Comment(1) | 映画

2014年11月18日

NYCC2014 現地編〜オートグラフ

オートグラフのエリアはキュー・ホールの隣になります。キュー・ホールとほぼ同じくらいの広さで、一番奥にテーブルが並んでいて、それぞれのテーブルに番号がついています。スケジュールを見ると、誰がいつ何番テーブルにいるかわかるので、お目当てのゲストのテーブル番号を調べ、その列に並んで気長に待ちます。

IMG_1749.JPGIMG_1801.JPG

私はすっかりコンベンションずれして珍しくなくなったのですが、友達に話したら「お金払ってサインもらうの…?」とフシギそうだったので、どんなものかQ&A方式で紹介してみました。

Q. お金がかかるの?
A. 「準備〜の、前に」で述べたように、プロモーション用の無料サイン会を除くとオートグラフは有料です。ゲストの有名度合いや人気度合いでシビアに価格差があり、だいたい30ドル〜80ドルのレンジにおさまっています。ショーフロアはクレカが使えますが、オートグラフはその場で現金払いです。会場内のATMは混むので、誰のオートグラフをもらうか決めたらあらかじめ必要額を準備しておきます。

集金はNYCCのスタッフではなくゲストがそれぞれ連れてきたスタッフがやっています。
IMG_0407.JPG
ちょっとわかりにくいですが、ゲストの右側に座ってるオレンジ色のシャツの人がスタッフ。順番が来たらまずこのスタッフにお金を払い、そのまま横にずれてゲストのところでサインをもらうという流れ作業ですね。(写真は昨年のNYCCのフェリシア・デイ)

Q. どのくらい並ぶの?
A. こればっかりはわかりません。スケジュールにはオートグラフは11時から18時まで、といった具合に書かれていますが、実際にはゲストは食事や休憩で抜けますし、フォトオプやパネルのために呼ばれていくこともあります。そういうときはその場で待ち続けることになります。

オートグラフの待ち時間については不満が多いようで、まれに整理券を配ったり、チケット制をとっているゲストもいました。イベント後の主催者のアンケートではオートグラフのシステムについての質問もあったので、今後改善される可能性もあります。

Q. 何にサインしてもらえるの?
A. サインしてもらいたいアイテムを持参してもいいですし、ブロマイドを用意しているのでそれから選んでもOKです。ただ、出版した本のプロモーションを兼ねている場合のように、特定の商品の購入が必要になることもあります。持参するものはフィギュアのようなコレクティブル・グッズが多いようでした。ちなみに映画のパンフレットは日本にしかないので、見せるとわりと珍しがられます。

ゲストが用意したブロマイド写真はA4サイズで無料なことが多いですが、別料金な場合(たいてい10ドルくらい)や、A3サイズだと5ドル増しということも。また、持参したアイテムが正式なライセンスものではなかったり、本人の名誉にかかわるコラージュ写真だったりした場合は断られることがあります。

Q. パーソナライズって?
A. コンベンションの有料のオートグラフは、たいていの場合「パーソナライズ」といって自分の名前を入れてもらえます。ラーメン屋とかにタレントのサイン色紙が飾ってあって、「xxさん江」などと店の名前が入ってることがありますが、まあぶっちゃけそれと同じですね。

列に並んでると「パーソナライズしてほしい人は?」と言いながらスタッフがペンとポストイットを持ってきます。それに自分の名前を書いて(もちろんローマ字で)、サインしてもらうときに写真などにそれをつけて渡します。ゲストはたいてい、その名前を声に出して読みますから、アコガレのセレブに名前を呼んでもらえる一生に一度のチャンスというわけです!

あと、日本人の名前は一般に欧米人には耳慣れないので、「あっなんかめずらしいの来た」と興味を持ってもらえますね。日本から来たですよ、というと、たいていのゲストは喜ぶか呆れるかしますが、まれに↓のように「オレ撮影で日本に行ったことあるよ!」とサービスしてくれる人もいて楽しい。
IMG_1788.JPG
(写真は「ホビット」のアゾクや「Arrow」のスレイドを演じたマヌ・ベネットのサイン。ポストイットでかくしてあるとこに名前が入っています)

Q. ゲストの写真は撮ってもいいの?
A. ゲストによってルールが違います。写真NGなゲストはカメラを向けるお客さんにスタッフがマメに注意しています。また、ツーショットはNGだけどゲスト自身の写真はOKとか、別料金でツーショットを撮ってくれるゲストなどもいます。

ツーショットNGというゲストは、フォトオプが別にあるからそっちを買ってね、という意味合いが強いようでした。撮影NGというケースは、純粋にゲスト自身が写真をやたら撮られるのがヤだ、という場合と、サインをもらう人以外も集まって写真を撮り始めて収拾がつかないからダメ、という場合があるようです。いずれにしてもスタッフの指示に従いましょう。

IMG_1806.JPGIMG_1751.JPG

左は撮影OKだったDa Vinci's Demonsのキャストのサイン会。右は撮影NGと言われたので、バナーだけ撮らせてもらったケース。「彼は勝手に写真を撮られるのが嫌いなの」とスタッフの方がいってました。

Q. プレゼントは持ってってもいいの?
A. とくに禁止するルールはありません。欧米は誕生日やクリスマスのようなイベント以外でプレゼントをあげる習慣がないらしく、お土産は喜ばれます。ただ、遠くから来てるゲストも多いので、持って帰るのに困る大きなものや重いものは避けたほうがいいですが。また、食べ物も基本NGです。

それから、プレゼントをゲストが喜んでくれても、「これは日本のxxに由来する○○なんですよ!」などと長々と話し込むのもNG。後ろにはたくさんのファンが順番を待っています…
posted by bluegene at 23:45| Comment(2) | NYCC

2014年11月17日

DW S8の感想続き-ネタバレ注意

夕飯食べながらふと気がついたんだけど、ひょっとして昨日書いた
>クララの行動にはリアリティが感じられず、けっきょくマスターに操られてたのかなーって思ってしまう罠。
って、これ正しいのか?

「セント・ジョンの鐘」でドクターの電話番号をクララに教えたのがミッシーだったてことは、インポッシブル・ガールはマスターの創造物というとになる。マスターはなんらかの理由でドクターを呼び寄せるためにクララを使い、彼女はインポッシブル・ガールとなってドクターを助けた。そして死んだダニーを呼び戻すために結果的にドクターをヘヴンに、ミッシーのもとに導いた。当然、ダニーの死はクララを操るためにミッシーがお膳立てしたものだろう。

さらに突き詰めると、ひょっとしてクララが「クララ・オズワルドは存在しない」と言ったのは図らずも真実だったんでは。

S8の最終話ではそうした話は出てこないけど、ミッシーはドクターがいなければヘヴンから出られなかったんじゃないだろか(最後のエピまではいつもヘヴンの中にいるシーンしかなかったと思う)。だとすると、クララはいつミッシーに会ってドクターの番号を教えてもらったのか?ヘヴンで、てことだよね?つまりクララ・オズワルドは死んでアップロードされ、その後ミッシーによって戻されたんじゃないだろうか?そうすると彼女の人間社会でのリアリティのなさも整合性がとれる。

でもだとすると、彼女の勤めてた学校が Coal Hill School だったのは初代へのオマージュじゃなくてマスターの意地の悪いジョークだったってことになるな〜。

ま、あくまで半分くらいしか聞き取れてない中での妄想なんで、クララにはもっと明るい未来があるって信じたい。「もう二度と I love you は言わない」という切ない言葉が、マスターのひねくれた戦術に操られた結果だとしたら、歴代コンパニオンの中でもっとも可哀想な一人になる(´;ω;`)
posted by bluegene at 23:08| Comment(4) | 海外ドラマ