2014年10月29日

NYCC2014 現地編〜入館証のピックアップ

NYCCの入館バッジはUS国内の参加者には郵送されますが、海外からの参加者は現地でピックアップすることになっています。ピックアップの際はチケット購入時に送られてきたメール(購入者の名前のほか、二次元バーコードが入っています)とパスポートが必要です。

引き換え場所はジャービッツ・センター内で、34st.側のエントランスから入ります。ここはショーフロアの3階側の出入口にあたります。当日でもピックアップできますが、朝早くからやっているかわからなかったので私は水曜の午前中に行きました。水曜の受付時間は8時〜17時で、まだ一般の参加者は少なく、出展社受付のほうにちょっと列ができていました。

受付カウンターは一般のコンベンションと同じく、いくつかの種類に分かれています。プレスとか出展社は一目瞭然ですが、あれ?一般の参加者はどこに行くの?

写真から受け付けカウンターのあたりを切りだしてみました。
バッジ引き換え.JPG

"Will Call" = 現地ピックアップ、という意味なんですね〜。ネットで予約したチケットを劇場でピックアップしたことはありますが、そういうときは "at the box office" =劇場窓口で、と言うことが多いので、初めてのときは同行者と「…どこ?( ;´・ω・`)人(´・ω・`; )」てなりました。

無事にピックアップもすみ(二回目はパスポート返してもらうの忘れて窓口の人が慌てていた)、ストラップとガイドブックはまだ準備できていないから明日もらってね、と言われてちょっとガッカリ。前日のうちにガイドブックをもらってチェックしたかったのですが。

4日通しのバッジはこんな。
バッジ.JPG

NYCCは『ウォーキング・デッド』をかなり強くプッシュしていて、3年連続でTWDのキャラクターをバッジに使っています。チケットの種類によってデザインが違ってて、ちらっと見かけた、顔が出てるダリルのバッジがたぶんVIPパス(笑)

バッジはICチップが入っていて、入館のときにリーダーにかざして読み取ります。バッジには公式サイトでICチップのRFIDを登録してアクティベートするように、と書いたステッカーが貼ってあるのでスナオにやっておきましたが、何が違うのかわからなかった…(笑)
posted by bluegene at 23:46| Comment(2) | NYCC