2014年10月27日

NYCC2014 現地編〜会場案内

会場のジャービッツ・センターはマンハッタンの西34丁目の端っこにあります。

地下鉄の最寄駅は34stのペン・ステーションか42ndのポート・オーソリティ・バスターミナルでしたが、7号線(タイムズ・スクエアからグランドセントラル駅を通ってクイーンズに向かう路線)が延伸するので、来年にはもっと近くに駅ができているはず。

私は34丁目のヘラルド・スクエアそばのホテルに滞在していたので、朝は34stを西に向かうバスを使いました。メーシーズというデパートの前にバス停があり、いつも同志みたいな人が何人か一緒になりました。ただし、日曜の朝は極端に本数が減るので歩きましたが(1.5キロくらいでした)。

ジャービッツ・センターは4層構造になっています。エントランスとホワイエは2階にあります。1階がパネルとオートグラフやフォトオプの会場、3階がショーフロア、2階のノース・パビリオンにアーティスト・アレイがあります。4階はVIPラウンジとプレス関係者の控室で、一般人には縁がありません(^^ゞ

建物はガラス張りのモダンな外観で、このようにホワイエは晴れているととても解放感があります。これは水曜に入館バッジを受け取りに行ったときの写真なので、人があまりいません。国内の参加者にはバッジは郵送されるので、わざわざ現地で引き換える人は少ないのですね。
会場ホワイエ1.JPG

これは3階のショーフロアの出口からホワイエを見下ろしたところ。これも金曜の午前中なので比較的すいている時間帯です。
会場ホワイエ2.JPG

1階の簡単な見取り図がこちら。
1Fplan.png
開場前に待機していた場合、ずっと外で待つのではなく、真ん中の Queue Hall というところに入れられます。今年はだいたい8時にオープンしたので、2時間ほどここで待ちました。そこらへんの話はまた別に。
posted by bluegene at 12:00| Comment(0) | NYCC