2014年10月21日

NYCC2014 準備編〜チケット購入

今年で3年連続の参加となったNYCC、運用は毎年微妙に違うんですが、とりあえず2014年はこんなだったよ、てことを纏めておこうと思います。

ということで、まずはチケットの購入方法から(そこからか!)

当日券はありません。海外からの参加者は公式サイトであらかじめ購入する必要があります(アメリカ国内では公式サイトの販売終了後、ディーラーでも販売)。今年の発売開始は6月18日というか日本時間では翌19日の深夜1時でした。

以前は売り切れるまでにしばらくかかりましたが、2014年はVIPチケット、3日/4日通し券など人気のあるチケットは発売後2時間程度で売り切れましたので、初日が勝負。公式アカウントをフォローするなどして発売日をチェックしましょう。

チケットにはVIPチケット、4日間通し券、3日間通し券(金〜日)、各曜日のみのチケットがあります。4日券は95ドル、3日券が65ドル、各曜日券は木曜が35ドル、金曜、日曜が45ドル、土曜が50ドルです。

VIPチケットは会場/物販フロアへの優先入場権や専用ラウンジがあり、遠方から参加する身としては非常に魅力的なのですが、年々入手困難になっています。Ultimate Access Package(485ドル)と Special Access Package(195ドル)の2種類があり、前者はメインステージへの優先入場権、サイン入りポスターなどの特典があります。

SDCCと違い、事前登録などの手続きは不要です。私はクレカを握って1時前からPC前に待機していたのですが、すぐには接続できず、「リフレッシュせずにお待ちください」というメッセージのあと10分くらいで購入できました。しかしその時点ですでにどちらのVIPチケットも売り切れでした。

通し券は各日券を別々に買うよりお得ですが、特典があるわけではありません。各日券は土曜が一番人気です。休みなので当然参加者も多いですし、17時半で終わる日曜と違い、夜までパネルがあるからです。迷ったらとりあえず土曜から押さえましょう。

SDCCは前年の参加者に優先権がありますが、NYCCは少なくとも今年まではそのようなシステムをとっていません。ただし、今年は6月に同じ主催者が開催した別のコンの参加者に優先購入権が与えられました。

チケットを購入するとメールで購入票が送られてきます。これを印刷して現地で入場パスと引き換えることになります。
posted by bluegene at 01:13| Comment(0) | NYCC