2013年01月28日

『ライフ・オブ・パイ』

『ライフ・オブ・パイ』、場所と時間で決めたら3D字幕版しかなかった。私は左右の視力が極端に違うせいか3D見ると眼が疲れるので、普段はできるだけ避けているのだが、背に腹は代えられないので3Dで見てきた。

が、これまでの3D映画のように、これみよがしに物体が飛び出たり、不自然に立体感が強調されたり、ってことがほとんどない。ナチュラルに映像に広がりがあって、とくに最初の動物園のシーンはBBCのネイチャー・ドキュメンタリーを大画面で見てるようでとても美しい。2Dで見た人は一部CGぽかったと話していたが(ボートのシーンの動物の多くはCG)、3Dで見た限りではCGとは思えないリアルさだったので、3Dに最適化してあったのかも。

トレイラーだけ見てるとトラと漂流したサバイバル映画みたいだが、実際は成長したパイ(カナダに住んでいる)のもとに作家が訪ねてきて、彼の人生についての話を取材する、という趣向になっている。その流れで遭難の話になるわけですな。

パイ(円周率)と名乗るようになった由来とか、ヒンドゥ教徒であるのにキリスト教やイスラム教に同時に帰依するようになった経緯などは、ちょっとコミカルに描かれている。ただ英語を知らないと、本名の「ピシン」の何が問題なのかわからんかも。

(以下ネタバレあるので、未見の方はご注意ください)

続きを読む
posted by bluegene at 02:39| Comment(0) | 映画